転職は結婚と同じく焦らず慎重に!

30代、女性。以前は臨床検査技師として6年間、企業で3年間勤めていました。臨床検査技師とは医療職で検査をする仕事です。この臨床検査技師の時も転職があり、検査センター3年間、病院3年間です。2施設ともする仕事は変わらず、だいたい内容は変わりません。企業では営業担当で、臨床検査技師に医療機器を販売する仕事をしていました。

私が転職を失敗した理由

始めに検査センターで就職をし4年目に転職を考えるようになりました。私は学生の時から病院に努めたいと思っていましたが、先にセンターが決まってしまい学校側から先着優先と指示があったため就職することになりました。働いている間に病院に勤めれば良かったと後悔することが増えていくうちに、センターでしていた仕事の不満が溜まっていきました。転職を決意してから大学病院などを重点に探しましたがタイミングが合わず見つかりませんでした。私はすぐ母校に行き病院の募集がないか調べ、目に留まった病院の面談を取り付け採用されました。センターは退職願いを受領後3カ月で退職し、転職しました。
しかし病院に勤めてわかったことですが、かなりの激務で毎日疲労していました。病院は利益重視で、職員のことをあまり考えていないようでした。また直属の上司も変わった方で、皆さんに煙たがられる存在で話をする機会がほとんどありませんでした。
よって私が思ったことは、転職は焦らず時間をかけてするべきだと思いました。募集を調べる内容は事前に働きたい病院を決めて募集を待つこと、特定の就職先が頻繁に募集していないか、決めた募集先について内部事情まで出来るだけ調べることです。
特定の就職先が頻繁に募集していないかについては、働いている方の入れ替わりが激しいのでこれから働くにあたり注意が必要です。決めた就職先について徹底的に調べるについては、募集先に親しい関係者がいない限り難しいですが専門職なら業界内で評判などあるので出来るだけ調べた方が良いです。

転職成功の秘訣は内部情報の事前収集にあり

地元から離れて暮らしていましたが、病院に勤めて4年目に父が体を壊したため実家の近くに転職したいと思いました。しかし急ぐ必要がなかったため、親しい友人などに転職を考えていることを話しながら条件に合う募集をネットで探していました。転職を考えて1年後、友人の紹介で取引先に企業の方と会いました。何回かお会いしていると、臨床検査技師を雇いたいと思っているから働かないかとお話して頂きました。
内容は営業配属ですが臨床検査技師に商品の使い方を説明する(技術サポート)仕事でした。私は病院の仕事が好きだったのでかなり悩みましたが、友人に福利厚生が充実してて、土日休みで良い職場で良いと勧められ働くことを決めました。勤めて思ったことは、友人の言う通り働きやすい職場で、医療現場で働いていた時より条件などかなり安定していました。
よって人脈を使って仕事を探すことはとても良い方法だと思いました。職場の内部情報がわかりますし、働いてから戸惑うことが少ないです。

自分のやりたいことを明確にする

企業に勤めて医療関連とは全く違う仕事を覚え苦労しましたが、徐々に慣れ職場の人間関係の良好でした。
働いて2年後、上司から私の仕事の内容を変えたいと相談がありました。技術サポートの他に営業をしないかという内容で、戸惑いましたが実際技術サポートの仕事は少なく暇を持て余すことがあったので新しい経験と思い承諾しました。そして担当を持ち営業業務をしましたが、引継ぎをしながら研修をしたので数週間後には1人で仕事をすることになりました。営業の仕事は初めてで何もわからず、ノルマがあり大変な仕事でした。また一番大変だったのが、臨床検査技師と話をすることでした。私も同業者とし働いていたので相手の手間を取らないよう接していましたが、中にはきつい方もいてこちらが配慮をしても聞き入れないような方もいてとても辛かったです。医療業界は狭いので、変わり者が少ないのは確かですし再確認しました。
私は今の顧客と会いながら、新規獲得のため施設を周り紹介しましたが知識が少ないので上手く説明出来ずノルマは達成出来ませんでした。しかし上司は仕方がないことと思っていたため、とりあえず1年間は頑張ろうと思いました。
営業1年後、やはり営業の仕事に馴染めず自分に自信を無くしました。そして営業の仕事とは、向き不向きがあることに気付きました。周りの方は仕事を割り切り、クレームがあっても対応できるメンタルがありました。私はクレームがあると引きずり前向きになることが難しかったです。やはり奉仕の仕事をしたいと思い医療関係に携わってきた私には営利目的の営業の仕事は向いていないわかりました。
私は上司を含めいろんな方に相談をし、前向きに相談に乗ってくれました。上司は仕事を辞めたければ、私の良いタイミングで相談してほしいと言われ、結局結婚を機に退社することになりました。職場は最後までしっかり面倒をみてくれ、今までの退社ではしたことのない有給を全て消化し問題なく辞めることが出来ました。周りの方は献身的な営業と評価してくれる方もいましたし、企業は安定しているから辞めない方が良いと言って下さる方もいましたが、やはり自分に合ったやりたい仕事をするのが私にとって一番大切だと思いました。

転職したいと思った時に考えること

新卒から仕事をして辞めたいと思うことが必ずあると思います。私は学生時代から仕事を辞めず出来る限りずっと同じ職場で働きたいと思っていましたが、初めの就職でつまずいたと思っています。
しかしやりたい仕事に無事就職出来たとしても辞めることはあると思います。
私は仕事を辞める時は衝動ではなく冷静に転職を考えた方が良いと思います。長くても1~2年間はかかる気持ちで挑み、転職の意思が薄れたらそれまでだと思います。
とりあえず転職を考えた時は少なからず数か月は募集を調べながら、親しい方に転職を考えていることを伝え時期を見計らうことです。そして一番大切なことは、自分の向いていることややりたいことを明確にすることだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です